土のいらない不思議な植物。エアプランツを育ててみませんか?

最近インテリアアイテムとして人気のエアプランツ。土を使わずにお部屋の中で植物が育てられるので、インテリアショップなどでも販売されたり、気軽に取り入れることが出来ます。今回は、初心者でも安心のエアプランツについてご紹介します。

2016/07/19更新
土のいらない不思議な植物。エアプランツを育ててみませんか?

インテリアアイテムとして人気のエアプランツ。土を使わずにお部屋の中で植物が育てられるので、インテリアショップなどでも販売されたり、気軽に取り入れることが出来ます。今回は、初心者でも安心のエアプランツについてご紹介します。

 

広告

 

知ってましたか?エアプランツの正しい育て方

エアプランツは土のいらない植物として、お部屋の中に飾れるインテリアとしても人気。ユニークな見た目も人気を集めています。しかし、水をあげなくてもいいという話を聞いたことがありませんか?実はこれは間違い!エアプランツも水がないと枯れてしまいます。そこで、初心者でも簡単にできる、エアプランツの正しい育て方をご紹介します。


 

一週間に一回は水分をたっぷりあげましょう

エアプランツは毎日水をあげる、という育て方はしなくていいので、一般的な植物を育てるよりは簡単に育てることが出来ます。しかし7~10日に一度くらいはたっぷりと水をあげてください。また、お部屋が乾燥しているときなども、エアプランツは水分を失いがちです。こまめに水分調整をしてあげることで長くエアプランツを育てられることが出来ます♪


 

洗面台や洗面器などに水を張る

ちょっとエアプランツの水分が不足気味かな?と思ったら、まずエアプランツを取り出して、水を張った洗面台や洗面器などにエアプランツを入れて下さい。10分ほどエアプランツを水につけておきます。


 

エアプランツが水分を吸ったら取り出し少し置く

エアプランツを10分ほど水につけて、水分を十分吸ったら、エアプランツを取り出します。タオルの上に置いて、水分が飛ぶまで置きます。特に球根の部分に水分が残っているままだと、球根が腐りやすくなってしまうので、水分を軽くふき取るなどしてください。そして、容器にディスプレイをします。


 

エアプランツが少し乾いたかな?と思ったら霧吹きで軽く水を吹きかける

エアプランツが少し乾いたかな?と思ったら、霧吹きで軽く水を吹きかけてあげて下さい。水分が不足しているエアプランツに水分を与えると、瑞々しい緑色になることが目に見えてわかります♪


 

自分でエアプランツを飾ってみましょう♡

インテリアショップなどでも手軽に購入できるエアプランツ。好みのエアプランツを購入して、自分で飾ってみるのも、エアプランツを育てる楽しみの一つです。


 

様々な種類のエアプランツを用意します。


 

小さなガラスコップに無造作に入れるだけでも、素敵なエアプランツカップの出来上がり♪


 

天井から吊るすことができるガラス容器。


 

こちらにもお好みのエアプランツを入れて、毛糸などで吊るととってもキュート♪


 

まるで芸術!エアプランツのインテリア

一つと同じかたちがないエアプランツ。見た目もとってもユニークなエアプランツは、インテリアのアイテムとしてお部屋のアクセントにもピッタリです。


 

地球儀のようなオブジェにエアプランツを飾ると、まるで地球が活き活きしているように見えますね!机にちょっと置いておくだけでも癒しになります♡


 

ホワイトの容器でディスプレイされたエアプランツ。容器の形が違うので、スッキリしつつもそれぞれ個性があって面白いですね。


 

壁に飾るだけで、シンプルな壁も雰囲気がぐっと変わります。お部屋にグリーンがあるだけで疲れも取れて癒されますね♪


 

天井から吊るすにも、ちょっと木の枝を一緒に添えるだけでも印象がまったく変わります。ナチュラルな雰囲気がとっても素敵です。


 

エアプランツいかがでしたか?数日に一回、優しく水を与えてあげるだけで長持ちするので、ぜひ癒しのアイテムとしても活用してください♪

 

こちらもおすすめ☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者名

いおん

いおん

ジャンル問わず、個性がキラリと光る魅力あるものを紹介していきたいです。