レトロな可愛さがたまらない♡【キャサリンホルム】の飾りたくなるホーローアイテム達

北欧デザインがお好きな方なら、一度は目にしたことがあるであろう【Cathrineholm(キャサリンホルム)】のホーローアイテム達。そのどこか懐かしいようなレトロさが、思わず飾りたくなる可愛さで人気を誇っています。一つあるだけで北欧のエッセンスを感じる空間にしてくれる存在感、その魅力をご紹介します。

2016/06/18更新
レトロな可愛さがたまらない♡【キャサリンホルム】の飾りたくなるホーローアイテム達

北欧デザインがお好きな方なら、一度は目にしたことがあるであろう【キャサリンホルム(Cathrineholm)】のホーローアイテム。そのどこか懐かしいようなレトロさが、思わず飾りたくなる可愛さで人気を誇っています。

レトロな可愛さがたまらない【キャサリンホルム(Cathrineholm)】

キャサリンホルム(Cathrineholm)は、ノルウェーのエナメル(ホーロー)製品のメーカー。1907年に製鉄所として創業し、鉄製品や農業機械を製造していましたが、エナメル製の台所用品を製造する会社へと進化。残念ながら生産を終えてしまいましたが、時代を超えた今でも北欧やアメリカ、日本などで愛され続けています。

 

広告

 

キャサリンホルムといえばロータス柄

キャサリンホルムといえばロータス柄というぐらい、とても有名なデザイン。ロータス(蓮)の葉がモチーフとして周囲を取り囲むように描かれたデザインは、Arne Korsmo(アルネ・コルスモ)というデザイナーの手によって生まれました。

 

鮮やかで豊富なカラーバリエーション

キャサリンホルムのもう一つの魅力は豊富なカラーバリエーション。北欧のホーロー製品として有名なFINEL(フィネル)もそうですが、ホーローならではの鮮やかなカラーが目を引きます。ベース地がホワイトのもの、その逆のもの、濃淡のコントラストが魅力です。

 

コレクターさんも

カラーもアイテムも豊富に揃うキャサリンホルムのロータスは、コレクターの心をくすぐります。1972年に生産が終了し、ヴィンテージ品として希少価値が高くなる中、世界各国で今なお魅了される人が増え続けています。


 

色とりどりに揃う、キャサリンホルムのアイテムたち

多彩なアイテムが、色とりどりに揃うキャサリンホルム。ロータス柄の持つデザイン性と、北欧製品らしい飾らない実用性と相まって、さらに魅力を高めています。


 

キッチンウエア、テーブルウエア

ホーローポットやケトル、ボウル、鍋などのキッチンウエア。今では数多く存在する「料理を作ってそのまま食卓に出して使えるお洒落なお鍋」ですが、当時にしては画期的な考え方。キャサリンホルムのお鍋はそんなコンセプトで提案され、1960年代に大ヒットしたと言われています。


 

お鍋のような調理用品だけでなくボウルやプレートなどのテーブルウエアも提案され、お揃いでテーブルコーディネートできるのも、人気が高まった一つの要因かもしれませんね。こんな風に色を揃えるのも素敵です。


 

陶器が復刻されています

世界中にファンをもつ多いキャサリンホルムのロータス柄は、陶器のボウルとして復刻も果たしています。鮮やかなカラーリングがしっかりと引き継がれています。


 

飾って楽しみたくなる、キャサリンホルムのある風景

見た目の可愛さに加えて、家事の手間を減らすこともできる使い勝手の良さは、今なお健在。ホーローウエアの働き者な面と、飾って楽しみたくなるレトロな可愛さを併せ持ったキャサリンホルムのアイテムは、見せる収納で楽しむのがおすすめです。


 

こんなにカラフルに並べても、同じロータス柄だから統一感が生まれます。キッチンに立つたびに、楽しい気持ちになれそうなカラーが揃います。


 

出典:http://pinsta.me

こちら、キャサリンホルムの中でもシックな色合いのものを集めた風景。差し色のオレンンジが良く映えています。色の持つ大人っぽい印象に、ロータスの柄がアクセントを加えてくれていますね。


 

キッチンだけでなくダイニングやリビングで、ディスプレイとして楽しむのもおすすめ。綺麗な色が揃うキャサリンホルムのアイテムは、インテリアに華を添えてくれます。他の北欧アイテムとの相性もさすがです。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!