床に座ってのんびりと過ごしたい♪リビングのフロアクッション特集☆

フロクッションや、フロアソファなど、床に近い位置で寛ぐリビングスタイルを紹介しています。一般的なソファよりも視線も体勢も低くなって、お部屋も広く見えますよ~。

2016/09/07 更新
著者:
床に座ってのんびりと過ごしたい♪リビングのフロアクッション特集☆

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

ソファやラウンジチェアに加えて、床に座る「フロアクッション」スタイルは、体勢をリラックスさせるだけではなく、さまざまなメリットがあります。夏のバカンスで疲れてしまったという人も、まだこれからだというひとも、リビングの寛ぎ方を少し変えてみませんか?これからの季節に使えるスタイルやアイデアを集めてみました。

 

寛ぎのスタイルはソファだけじゃありません

もともと、イスラムの文化は椅子ではなく床にじかで座るスタイル。かのアルハンブラ宮殿も、床に座って過ごしていたのだと聞いたら、いい感じに思えてきますね。イスラムの文化が伝わったモロッコなのでも一般的な、座るリビングルーム。プライベートで、親密に過ごすことができそうです。


 

広告

 

ボックスタイプのフロアクッションを組み合わせ

日本の「座椅子」にも通じるものがある、背もたれと座面がシンプルなボックスになったフロアソファ。座面の低さがとてもリラクシー…。ラグと組み合わせて、体勢のバリエーションが多いのもGOOD!


 

ソファ+フロアクッション

もちろんお持ちのソファと、フロアクッションの組み合わせも楽しめます。モノトーン、無地なクッションファブリックと、派手なモロッカン・クッションのギャップを楽しみましょう。


 

パレットも使える!

DIYで大人気のパレットを使ってこんなにおしゃれなフロアソファが作れるなんて!天井の高さがインテリアをスッキリさせていますが、視線を低くしてくれる直座りスタイルは、天井の低い空間にも効果的ですよ。


 

窓際に直座りコーナーを

窓のそばで過ごすのが、例えようもなく気持ちいいのがこれからの季節です。フロアクッションを小さなローテーブルを置いて、おひとり様用の寛ぎ空間を作ってしまいましょう。


 

ガーリーでアンニュイ

しどけない、インドアメインの休日を過ごすなら思い切り好きなスタイルを追い求めてもOK。日がなここで過ごしたくなるような、窓際のフロアクッションスペースの参考に~。


 

クッションの柄も楽しんで

フロアクッションは、柄を選ぶのも楽しい作業です。シンプルなお部屋に住んでいる人には、ファブリックで冒険してみるのもいいかもしれませんね!リビングにパッとした華やかさが加わります。


 

モダンリビングにも効果的なアクセント

色・柄の少ないモダンなリビングにも、フロアクッションが程よい砕けたムードを作ってくれます。


 

アジアンテイストなフロアクッション

クッションを重ねて、小さなローテーブルでお煎茶やチャイを飲んでみたり。アジアンテイストやリゾートスタイルで過ごすのが好きな方にオススメ。グリーンやブラウンなど、ナチュラルカラーとのコーディネートが似合います。


 

おわりに

床に直で座るスタイルは、日本の伝統的な「畳」=和室だけではなく、イスラムの文化圏にも受け継がれるライフスタイルです。洋間が中心となった日本でも、もっと床に直で座るリビングスタイルが見直されてもいいのではないでしょうか?ソファや椅子との組み合わせを楽しみつつ、リラックスできるプライベートスペース作りの参考にしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!