明るい部屋作りに!北欧に学ぶ白いお部屋のインテリアレイアウト☆

白い壁に白い家具だと、同化してお洒落にならないのでは・・・いえいえ、とても素敵なインテリアの光る部屋になるんです!今回はそんな北欧の素敵な白い部屋の数々をご紹介します。

2016/06/19更新
明るい部屋作りに!北欧に学ぶ白いお部屋のインテリアレイアウト☆

ここ数年、北欧では白い部屋のレイアウトが流行しているそうです。白い壁に白い家具だと、同化してお洒落にならないのでは・・・いえいえ、とても素敵なインテリアの光る部屋になるんです!今回はそんな北欧の素敵な白い部屋の数々をご紹介します。

 

広告

 

白い部屋のレイアウト。同じ白でもこんなに表情が。

白い部屋の利点は、自然光だけで部屋がとても明るくなるということ。日照時間の少ない北欧だからこそ、すこしでも明るい時間を保とうと、このようなインテリアが人気なのかもしれませんね。そしてもう一つの利点は、色の付いたものがとても際立つということ。モノトーンでまとめたり、グリーンをあしらうだけでも、とても美しく映えるのです。

 

白を基調とした控えめなモノトーン。ところどころにちりばめられた黒のメッセージに釘付けです。


 

出典:http://karinecandicekong.com/

ゴシックな匂いのするクラシカルなインテリア。暖炉と写真の黒いスパイスが効いています。

 

爽やかなキッチン。木造の戸棚のブルーが涼やかでとても気持ちよく料理が作れそうですね♪


 

小物の色遣いが冴えている子供部屋。柔らかな日差しが白い部屋に行きわたり、とても気持ちがよさそうです。


 

白を基調とし、椅子やテーブルのグリーン、白木の木目の自然なデザインを浮き上がらせるようなレイアウト。自然と向き合って過ごす北欧ならではのデザイン性だと思います。


 

まとめ

いかがでしたか?色をまとめるという初歩的なインテリアのイロハですが、効果が絶大な”白基調のレイアウト”。ベースがバシッと決まっていれば、ちょっと羽目をはずしても、それも味となるのが不思議です。貴方だけのレイアウトを色々見つけてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者名

sakamoto

sakamoto

元アパレルショップ店員、今は2人の子供を育てています。雑貨や洋服、日々のオシャレについてご紹介いたします♪