お手本は絶対NY☆部屋の造りからして凄すぎる、NYのアパートにうっとり♡

世界の中心ともいわれるニューヨーク。夢と希望が渦巻くニューヨークには雑誌や映画をはるかにしのぐような美しいアパートがたくさんあります。見ているだけでうっとりするお部屋をご紹介します。

2016/06/01 更新
お手本は絶対NY☆部屋の造りからして凄すぎる、NYのアパートにうっとり♡

著者名

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。

世界の中心ともいわれるニューヨーク。夢と希望が渦巻くニューヨークには雑誌や映画をはるかにしのぐような美しいアパートがたくさんあります。見ているだけでうっとりするお部屋をご紹介します。

ハイセンスなNYのアパート

バランスのいい空間

決して広いスペースではありませんが、センス良くまとめられています。高い天井と真っ白な壁に日が差し込みとても明るい空間です。照明、椅子、花器をシンプルな縦長に統一しています。


 

広告

 

どれに座ろうかな

この部屋、とにかくソファーが多いですね。色も種類も全くバラバラのソファーが適度な間隔で置かれています。しかも広くはない空間。なのに、なぜか落ち着いた雰囲気ですね。


 

スモーキーカラーが美しい

濃く、深い色味のキャビネットに、グレーの照明器具という、色の組み合わせが素敵です。真っ白な壁の空間には濃い色のフレームを二つ並べてアクセントに。


 

色んな白で楽しむ

とにかく白。白で統一されたお部屋が可愛いです。色んな白が重なり合って温かな雰囲気になりました。


 

ポップカラーのアートポスターが楽しい

出典:https://www.pinterest.com/たくさんのアートが飾られた明るく楽しくなるお部屋です。幅は狭くても高さがあり、窓からも光がたくさん入るので開放感がありますね。

 

好きなものだけ

好きなものだけを集めたようなNYのアパートの一室。狭さは日本の部屋と同じかんじですね。椅子やラグの置き方、フレームの飾り方など参考にできそうですよね。


 

スケールが大きすぎるNYのアパート

照明いらず?

全面の窓からは陽射しが舞い込み、照明は必要ないのでは?この空間を与えられたら、さあ、あなたはどうインテリアを作り上げますか?


 

絵ではありません

バスタブの奥の景色は「絵」ではありません。窓から見える景色です。空とビルの割合が美しく、日が沈む間際の空が静かな空間を作り出しています。


 

仕事が楽しくなること間違いなし

セントラルパークが見おろせるどころか、はるか彼方の地平線まで見える部屋です。こんなに開放感溢れるお部屋で仕事ができたらどんなに素敵でしょう。この部屋はこの絶景がインテリアの大きなポイントですね。


 

窓からの景色だけじゃありません

大きすぎる、美しすぎる、この窓からの景色に見惚れてしまいますが、ソファーに並べられたクッションの色たち、生けられた鮮やかな色の花もとても上品でセンスよく飾られています。


 

ただただ贅沢な椅子

この素晴らしい夜景をみるためだけの椅子ですね。なんて贅沢なのでしょう。


 

一つ一つがこだわり品

天井が高いのでとても開放感がありますね。置いてある家具一つ一つがセンスがよく、こだわったものだというのがわかります。色使いがシックで大人の雰囲気ですね。


 

NYのアパートはいかがでしたか?真似ができそうな部屋もあれば、到底真似ができない部屋もありましたが、心地いいと思える部屋作りができればいいですよね。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!