DIY好きの【Britさん】に学ぶインテリア!シアトルでの明るい空間とおしゃれな色使い

アメリカのシアトルに暮らすBritさんは、家づくりが趣味。前の持ち主が50年以上暮らしていたという家を全面リフォームし、おしゃれなインテリアを楽しんでいます。白を基調にしたインテリアづくりをご紹介します。

著者:
公開日:
DIY好きの【Britさん】に学ぶインテリア!シアトルでの明るい空間とおしゃれな色使い

アメリカのシアトルに暮らすBritさんは、家づくりが趣味。前の持ち主が50年以上暮らしていたという家を全面リフォームし、おしゃれなインテリアを楽しんでいます。白を基調にしたインテリアづくりをご紹介します。

リビングルーム

houseupdated

リビングには、窓際に引き出し収納のついたベンチが置かれています。

ベンチの上にはグレーのクッションシートと、さまざまな色やデザインのクッションを並べてコージーな雰囲気に。

ベンチの両サイドにはシェルフを造り付け、ディスプレイ収納とバスケットを使った見せない収納をミックスしています。


 

 

オープンプランのLDK

houseupdated

Britさんのお家は、キッチン、ダイニング、リビングの間に壁や仕切りのないオープンプラン。

ラグでゆるやかなゾーニングがなされています。リビングスペースは、キッチンを背にしているので、くつろぎやすい雰囲気に。

ソファの対面にはマントルピースがあり、その上に壁掛けテレビがあります。


 

キッチン・ダイニング・デッキ

食器はディスプレイ収納で

houseupdated

キッチンは、白大理石を取り入れて、シンプルでありながらもラグジュアリーな空間に仕立てています。

コンロの左右に調理台スペースがあり、換気扇を挟んでシンメトリーに棚板シェルフを設置。

ホワイトやグレーの器をディスプレイ収納しています。アイランドの天板も白大理石をチョイスして、統一感も演出しています。


 

黒いダイニングテーブルでメリハリを

houseupdated

白を基調としたインテリアの中で、大きなサイズのダイニングテーブルにブラックをチョイスしてメリハリをつけています。

テーブルの短辺には、ピアノ椅子のようなスツールを置き、長辺にはシートのデザインが軽いものを合わせています。


 

アウトドアリビングも有効活用!

houseupdated

海外では、デッキなどをアウトドアリビングとして有効活用するライフスタイルが人気です。

Britさんも、8人掛けの大きなアウトドアテーブルを設置。

朝のコーヒーやランチだけでなく、ディナーもできそうですね。

L字型の奥のスペースには、ラグを敷いてアウトドア用のソファを置いてくつろぎの空間に。


 

ベッドルーム

白いソファのあるマスターベッドルーム

houseupdated

マスターベッドルームも、やはり白を基調にした明るい空間です。

ヘッドボードも高さがあり、ラグジュアリーな雰囲気。

ベッドの足元には、ホワイトソファを設置して、眠る前のひとときを過ごすコーナーにしています。

天然素材のマットが敷かれているので、素足でも気持ちがよさそうですね。


 

窓際にもコーナーを

houseupdated

マスターベッドルームの窓際にも、一人掛けのチェアを置いてコーナーを作っています。

スタイリッシュなフロアランプと、温かみのある椅子の組み合わせや、窓のフレームに合わせた黒いプランターの並べ方などは、ベッドルーム以外にも使えるアイデアです。


 

ゲストルームにファミリーヴィンテージを

houseupdated

Britさんのお家には、お客様用のゲストルームがあるそうです。

こちらのインテリアは、季節や気分に合わせて変化しているとのこと。

以前はベッドの足元にベンチを置いていたとのことですが、天然木で作られた収納箱にチェンジ。

この箱は、Britさんのファミリーヴィンテージです。歴史のあるアイテムを取り入れてオリジナリティある空間に。


 

そのほかのスペースにもセンスが光る!

トイレの壁はヘリンボーン!

houseupdated

こちらはバスルーム。洗面台やトレイがある壁は、タイルをヘリンボーン柄に貼っています。

大理石調のタイルなので、ラグジュアリーな雰囲気もありますね。

ここでも、白を基調としながら洗面台はダークカラーをチョイスしてメリハリをつけています。

パステルカラーが使われているラグもおしゃれです。


 

夏の玄関にはブルーをプラス!

houseupdated

ラグの色に合わせて、玄関先のベンチにはホワイトとブルーのクッションをプラスしています。

スペースの中で色をリピート使いすることで、統一感が演出できますね。

トートバッグをプランターカバーにしているアイデアも参考になります!


 

明るくリノベーションした玄関

houseupdated

玄関には、以前は古く巨大なクローゼットがあったそうです。

Britさんは、それを撤去して大きなガラスをはめた木製ドアを取り付けました。

外からの光がたっぷりと差し込み、明るい玄関に変身させています。

学校用のバックパックなどが収納できるスペースに、夏のおでかけの必需品である帽子やバッグも掛けています。


 

まとめ

Britさんは、ハードウッドのフローリングや大理石が好みだそう。お家の中のどの部分にも、そうした好みが反映されていることがよくわかります。

白を基調とした空間に、黒をアクセントとして配したモダンなリノベーションアイデアは参考になりますね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告