Tetsuさんの部屋に学ぶ、器と植物のマリアージュ

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。 2人目は、サボテンや観葉植物を様々な表情の鉢とうまく組み合わせて楽しむ、Tetsuさんの部屋に伺いました。

公開日:2018/07/16
著者:
Tetsuさんの部屋に学ぶ、器と植物のマリアージュ

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

観葉植物の組み合わせを楽しむ、Tetsuさんのお部屋

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。

2人目は、サボテンや観葉植物を様々な表情の鉢とうまく組み合わせて楽しむ、Tetsuさんの部屋に伺いました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai


 

広告

 

アクティブに暮らしを楽しむTetsuさん

不動産関連企業にお勤めのTetsuさん。Instagramにあげられた写真を見ていると、ショッピングにグルメにと、都内の様々な流行スポットに出没。

休日にはバスケやサーフィンを楽しむなど、かなりアクティブに活動されています。

そんなTetsuさんが時々アップする自室の植物たちのユニークな表情が気になって、今回、お部屋におじゃまさせていただくことになりました。

 

ご家族と暮らす、天然の木や、漆喰など天然素材にこだわって建てられたご自宅。Tetsuさんの自室は6畳ほどのスペース。


 

植物が並べられた本棚は、Tetsuさんが通っていた小学校で使われていたロッカーをもらってきたものだそう。

沢山の雑誌等が納められた本棚の上に、植物が並べられています。


 

旅先で購入したオブジェなどとともに、表情豊かな植物が多く並んでいました。


 

学生時代は旅行が趣味で世界各地を飛び回っていたけれど、東京で就職し、家にいる時間が増えたことから、植物を集め始めたのだそう。

植物たちは毎日の生活をともにする、大切な存在だといいます。


 

器と植物のマリアージュ

ひとつひとつの植物に合わせて選ばれた、色、形、材質も様々な鉢。


 

エアプランツも、様々な器に組み合わせて楽しみます。

 


 

よく行くお店は、梅丘のHANACHO、富ヶ谷の葉花、神山町のNEO GREENなど。方南町の鉢、プランターだけの専門店、aarde にも。

サボテンや観葉植物など鉢ものが中心ですが、ひとつとして同じ鉢がないのに驚きます。

「どの鉢に入れるかによって、見え方もだいぶ変わる。鉢はひとつひとつ違う表情があるので、何を植えるか決めていなくても、いつか使うからと買ってくることもあります」

器とグリーンのマリアージュと呼べそうな、Tetsuさんのコレクションを拝見し、グリーンを楽しむことは、その器を楽しむことでもあるんだな、と気づきました。

 


 


 


 


 


 

Tetsu さんのInstagramアカウントはこちら
@saturday.chameleon

>「緑のある暮らし」記事一覧を見る
>ひとり暮らしのインテリア実例を見る
>goodroomでデザイナーズ賃貸を探す


 

こちらもおすすめ☆