インダストリアル感MAX!カフェみたいなコーヒーテーブルでリビングをカッコよくしよう♪

インダストリアル感のあるコーヒーテーブルを特集しています。ナチュラルなウッドと、工業製品的なスチール脚で構成されたテーブルは、細さや高さ、ボリュームによって印象もさまざま。お気に入りを見つけてみてくださいね。

2016/10/29更新
インダストリアル感MAX!カフェみたいなコーヒーテーブルでリビングをカッコよくしよう♪

低いコーヒーテーブルって、なんだかいい響きです

インダストリアルなコーヒーテーブルの鉄板ルールは、「鉄」+「木」。低い位置にドスンと腰を構えるる様子はかなりオコトマエで、カッコいいインテリアがイメージできますよね。リビングの格をUPしてくれる、コーヒーテーブルを集めてみました。


 

広告

 

大人ガーリーなインダストリアル・スタイル

DIYで作られたコーヒーテーブル。華奢に組まれたスチール脚から、跳ねだすような天板のバランスがとても美しいですね。ラグとの組み合わせもにも落ち着きが感じられて、これは大人の女性向けのスタイルです。


 

雑然としててもカッコいい!それがインダストリアル

散らかっててもいいんです。すっきりキレイ、何も見えない、なんていうのがプレッシャーに感じる人には、インダストリアルスタイルはオススメ。小物へのセンスは必要ですが、おきっぱなしもさまになりますね~。ちなみにこのタイプの曲げ脚を、ヘアピンというんだそうです。


 

パレットに描かれたグラフィックをそのままデザインとして流用する上級者テクニック。意外にも、”ここだけ”インダストリアルでも嵌ります。ラグとの相性もいいですね~。


 

脚へのこだわり

ステールパイプで組まれた脚の工業製品ぽいディテールには、美しさすら漂います。テーブルのウッドだけではなく、脚にもこだわるのがインダストリアル・スタイルです。


 

脚への執着はまだ終わりません

さまざまな径のパイプを組み合わせて作ったテーブル脚は、工業製品特有の幾何学的なエッセンスが感じられます。組まれたテーブル部分のフレームも、実に繊細です。インダストリアル=粗いという既成概念を覆す、精緻な手作業を感じさせるテーブルですね。


 

無垢板の迫力

ミミ付きの無垢板に、華奢なスチール脚のギャップがかなりオトコマエなコーヒーテーブル。これ一つでリビングの存在感はばっちりですね。木の表情をとことん楽しむ仕様だと思います。


 

ウッドの塊と、極細なスチール脚のアンバランスさが素敵ですね。天板が持ち上がって、収納にもなるなんてさらに驚きです。便利に使えるだけではなく、持ち上がった天板がワークテーブルの高さにもなるというアイデア。


 

おわりに

暑さが過ぎ去れば、少し心を落ち着かせて、ゆっくりとコーヒーを楽しめる季節がやってきます。そんな時、リビングで待っていてくれるコーヒーテーブルがあったら、いいですよね。必ずしもインダストリアル=粗いというわけではないので、女性でも楽しめるスタイルだと思いますよ!

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/309764

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。