一手間かければこんなに華やかに☆アクセントクロスでお部屋をリノベーションしよう!

プチ・リノベーションに最適。賃貸でも持ち家でもできる、一面の壁を華やかなクロスに変える、アクセントクロスの紹介です。驚くほど簡単に雰囲気が変わるので、求めていたテイストをこの機会に取り入れてみましょう!

2016/08/22 更新
一手間かければこんなに華やかに☆アクセントクロスでお部屋をリノベーションしよう!

著者名

satellito

satellito

東京都在住インテリアデザイナーです。趣味で引き出しなどの収納や、棚を作っています。最近は作る時間がないのが悩みです。

今、賃貸マンションなどで、壁の一部を標準仕様とは違う、色や柄の入ったクロスで仕上げるのが流行っています。他と差を付けるために、インテリアでも工夫をしようというわけです。たった一面なのに、おへやの雰囲気をガラッと変えることのできるアクセントクロス、プチ・リノベーションでもオススメですよ!

袖壁を違うマテリアルに見せる

アクセントクロスの張り方のポイントは、一面の壁を隅から隅まで張る!ということです。階段脇の袖壁はれっきとした壁紙ですが、隅々に貼られることで、大理石で仕上げてあるように見えます。


 

広告

 

ベッドヘッドのアクセントウォール

アクセントクロスの中で、もっとも使いやすいのがベッドヘッド。ベッドのヘッドを付ける壁って、やはり他の壁とは位置づけを変えたほうが見栄えがします。グッとトーンを落として、重心を安定させる効果があります。


 

ニッチを上手く利用する

ヘッドがニッチになっていれば一部でもOKですね。ベッドに合わせた小じんまりとしたサイズのクロスで済むので、奮発して豪華なクロスも使っても良さそうです。


 

フレームでクロスをトリミング1

壁面一杯に張るのはイメージが変わりすぎてちょっと踏み込めない…というケースだってありますよね。そんなときは、モールディングなどのフレームを回して、アクセントクロスをトリミングするというテクニックを使いましょう。大きな壁画が掛けてあるような、クラシックな雰囲気に合っているかもしれませんね。


 

フレームでクロスをトリミング2

きらびやかなクロスも、トリミングして使うなら選びやすくなります。お部屋全体のトーンを崩さずに、アクセントクロスを取り入れるには最適です。


 

フレームでクロスをトリミング3

サイドボードの後ろも、アクセントクロスの映える場所です。サイドボードの上のディスプレイと、クロスの競演が楽しめますね♪


 

クロスは華やかな柄物がオススメ

アクセントに選ぶなら、標準の白いクロスとは違いのでるクロスを選びたいですね。メタリックな反射が渋く豪華なこのクロス、なんとも言えずいい雰囲気です。


 

グラデーション

深く沈んでいくようなグラデーションのアクセントクロス。きっと心を静めてくれるに違いありません…リーディングヌックに使ってみたいです。


 

フェイクの暖炉ですが、壁のウッドもフェイクのクロスです。壁の出っ張りを上手に利用して、アクセントクロスを張りまわしています。


 

おわりに

おうちのどこかに、アクセントクロスの貼れる一面の壁はありますか?出っ張りやニッチ、袖壁なんかもクロスを切り替えるいいポインだということが分かりますよね。輸入壁紙をネットで購入して、自分で貼ることもできるので、DIYするのもオススメですよ!

シェアしよう!