プチDIYでお部屋の雰囲気を変えよう!サブウェイタイルを使ったコーディネートまとめ☆

サブウェイタイルは、 1900年代の初めからニューヨークの地下鉄の駅構内に使われるようになったものが最初で、 海外を中心にトラディショナルなアイテムとして様々なインテリアに用いられています。サブウェイタイルを使ったコーディネートをまとめました。

2016/06/13更新
プチDIYでお部屋の雰囲気を変えよう!サブウェイタイルを使ったコーディネートまとめ☆

「サブウェイタイル」って聞いたことありませんか?名前は知らなくても、どこかで一度は目にしているはず!

1900年代のはじめから、ニューヨークの地下鉄の駅構内に使われるようになったのが最初と言われ、海外を中心にトラディショナルなアイテムとして、様々なインテリアに用いられています。キッチンなど水回りに使用されているのが定番ですが、インテリアのアクセントとして取り入れられていることも多いようです。

耐久性に優れ、清潔で実用的。見た目もオシャレなサブウェイタイルを使ったコーディネートを見てみましょう♪

 

キッチンに

サブウェイタイルを使ったコーディネートといえば、まずキッチンを思い浮かべますね。こちらは、リフォームする際にキッチンの壁一面にサブウェイタイルを使用した例です。真っ白なタイルの壁と、所々にブラックを使ったインテリアが上品で、清潔感を感じさせますね。


 

広告

 

こちらは、キッチンのカップボードの周りにサブウェイタイルを貼った例です。レンガ調の壁との間の黒いラインがメリハリ感を添えていて、とても表情豊かな壁になっています。こんなにオシャレで可愛らしいキッチン、日本ではなかなか見かけませんが、憧れちゃいますよね。


 

キッチンの壁全体に小さな正方形のサブウェイタイルが使用されています。まるでNYのカフェのような雰囲気ですね。白基調のインテリアに飾られたアメリカン雑貨やハワイアン雑貨も可愛い♡


 

タイルの色をブラックにすると、ガラッと雰囲気が変わりますね。クールでスタイリッシュでありながら、ハードになりすぎず、柔らかな雰囲気のインテリアに絶妙にマッチしています。お料理や洗い物をする時に、キリッと背筋を伸ばしたくなるような、素敵なキッチンですね。


 

バスルームやトイレに

サブウェイタイルはオシャレなだけではなく、実用性も兼ね備えたインテリア。水がかかってもすぐに拭き取れてお掃除がラクチン☆壁紙と違って色素が沈着しにくく、いつも綺麗で清潔なので、水回りに最適なんです。時間とともに味のある風合いになっていくのも魅力ですよね。


 

壁全体に敷き詰めるのではなく、こんなふうに部分的に使うのも素敵☆


 

こちらは、トイレの洗面台のインテリアにサブウェイタイルが使われています。アースカラーのサブウェイタイルを模様のように貼りつけて、温もりのあるナチュラルな空間に仕上がっていますね。


 

インテリアに合ったタイルを選ぼう☆

サブウェイタイルといえば、表面にエナメルのような艶のあるものを思い浮かべますが、艶消し加工のタイルもあるんです。マットな艶消しタイルは、写真のように味のあるアンティークなコーディネートに良く似合いますね。


 

プチリフォームにぴったり

サブウェイタイルは、通販などで購入することができます。輸入品も手に入るので、手間をかければ本格的なサブウェイタイル・キッチンがDIYで実現するかもしれません。難しくて大変そうなイメージですが、作業方法は案外単純で、女性でも簡単にできそうです。賃貸の場合は、ベニヤ板などに敷き詰めて固定する方法もあるそうなので、気軽に始められそうですね♪

 

まとめ

サブウェイタイルを使ったコーディネート、いかがでしたか?ちょっとしたスペースにサブウェイタイルを取り入れてみると、インテリアの雰囲気がガラッと変わりますよ☆是非、リフォームの際の参考にしてみてください♪

 

こちらもおすすめ☆

https://folk-media.com/40415

https://folk-media.com/114782

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!