スキップフロアで空間を有効活用♪ワンルームや1LDKを広々使うアイディアをご紹介

ワンルームや1LDKと聞くと使い勝手が悪く、窮屈というイメージを持たれる方が多いですよね。でもちょっとした段差がある部屋なら、印象や使い勝手が変わることもあるんですよ。 今回は段差を利用して空間を有効活用している、スキップフロアのワンルームや1LDKをご紹介します。小さな土地におうちを作る際の参考にもなりますよ。

公開日:
著者:
スキップフロアで空間を有効活用♪ワンルームや1LDKを広々使うアイディアをご紹介

ワンルームや1LDKと聞くと使い勝手が悪く、窮屈というイメージを持たれる方が多いですよね。でも部屋の中にちょっとした段差があるお家なら、印象や使い勝手が変わることもあるんですよ。

今回は段差を利用して空間を有効活用している、スキップフロアのワンルームや1LDKをご紹介します。小さな土地におうちを作る際の参考にもなりますよ。

段差で空間を上手に使おう!

1つの部屋を床の高さで区切る

スキップフロアとは、床の高さを変えることで空間に変化を与えて、同じ面積の部屋でも広く感じさせたり、空間を仕切ったりする間取りのこと。

こちらの画像のようにちょっとだけ床の高さを変えて、腰の位置までパーテーションを作るだけでも、

キッチンダイニングと仕事用の空間を分けることができます。


 

しかも床の高さを使って、収納スペースを作ることもできるんですよ。

収納は少しでも多いほうが嬉しいので、こんな工夫ができるスキップフロアは魅力的ですよね。


 

 

生活感を感じづらくする

こちらの部屋では、生活感が強いキッチンを高い位置に置くことで、シンクやコンロを見えづらくして生活感のないスペースを作っています。


 

キッチンと反対の窓側には、ベランダに繋がるスペースが。こちらもスキップフロアを利用することで、大容量の収納スペースを作っています。

1階の部屋ですが、窓よりも一段低いところから空を見上げることができるので開放感がありますね。


 

部屋の面積よりも広く感じる

こちらは先ほどの部屋とは逆に、キッチンや洗面所などのスペースを一段低くしています。

低い部分にパーテーションなどを置くと、まったく別の空間のように感じる間取りですね。


 

生活空間を分ける

大きな窓と階段のあるスペースは、1LDKとは思えない開放感。

こちらでは階段を使って上のフロアに行くようになっているので、まるでメゾネットのような気分になりますよ。

下のフロアにキッチンなどのスペースがあるので、生活空間を分けることが可能。


 

階段で上がった先のフロアには、さらにロフトがあります。まるで3階建てのような雰囲気で、広さを感じる間取りですよね。天井が高く大きな窓も魅力的。


 

大きな窓が魅力

こちらは玄関から続くキッチンスペースを中心に、一段低いフロアにリビングスペースを作り、上部にベッドスペースとして使えるロフトが。

横ではなく縦方向で空間を仕切ることで、実際の面積よりも広さを感じることができる部屋ですね。


 

まとめ

スキップフロアを利用して空間を上手に使っているワンルームと1LDKをご紹介しましたが、いかがでしたか?

スキップフロアがある間取りの部屋は、床から天井までの高さが高いものが多いので、実際の面積よりも開放感のある部屋がたくさん。今回の内容を参考に、自宅の間取りを上手に使う方法を考えてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告